16 06 22

Exif_JPEG_PICTURE

2016.7.2 or 7.6
「梅COBO講座 @COBO Lab.」募集!

COBO Lab.
初夏の風物詩、梅COBO講座
今年も、開催します!

梅から、いきもの感覚を
まなびましょう。

テーマは、梅と米。

菌にめぐまれる梅や米をえらび
自然発酵=人によいものにする。

COBO Lab.の講座では
梅COBOの仕込み方、いかし方、
米の「自然発酵乳酸菌」と料理への展開など
自然発酵について、より詳しく。

夏本番に備えて
体においしい、くすりとなる
食卓 をつくりましょう。

プログラム(予定)

◎「いきもの感覚、みにつけよう」
梅はなんのためにいきている?
微生物は、媒介者

◎里山 ー 「北斗の森」
石曽根家からいただく
里山 のめぐみ

梅のいきかたと多様性
南高梅、白加賀、玉織姫、古城、紅

梅の薬効と梅COBOの有機酸

◎梅COBOの仕込みかた
デモンストレーション

⭐︎梅COBOセット(ビン+「北斗の森」梅)販売あり
自宅で追熟、すぐに仕込めます
(おいしい発酵のめやすは3ヶ月〜半年)

◎「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」
日本人の腸になじむ
米の乳酸菌フローラ
漬物に、料理に使って
ネットワーク化!

◎梅COBOと「自然発酵乳酸菌」の食卓
(予定)
「梅COBOジュース」
「梅COBOいなりずし」
「鶏ハム(乳酸菌)」「豆乳発酵マルチクリーム」
「漬物」「昆布COBO汁」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

COBO Lab.「梅COBO」講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎日程
平日クラス
2016年7月6日(水)11:00~13:00 満席御礼
休日クラス
2016年7月2日(土)11:00~13:00 満席御礼

定員 10名

料金 6,000円(税込)

※梅COBOの仕込み方デモンストレーション、
梅COBO使い方、「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」使い方、試食

※自宅で仕込める梅COBOセット(ビン+「北斗の森」梅)、
「自然発酵乳酸菌」「豆乳発酵マルチクリーム」など販売予定

※当日の料理は写真と異なる場合があります

お申込み/お問合わせ
labo@cobo-net.com
COBOウエダ家

hokuto2

2016.7.9 「梅COBO講座」
「北斗の森」イシソネ家 × COBOウエダ家
参加者募集!
梅は、なんのために生きているのだろう。
「いきもの感覚」をまなんだ
きっかけは、8年前の、梅COBO講座。

石曽根栄子さんとの出会い
南高梅だけでない、梅の多様性を
教えていただいています。

今夏、念願の
「北斗の森」で梅COBO講座が実現!

梅、田んぼ、野菜やハーブ・・・
生態系をおしえていただく
石曽根俊明さん、栄子さんとの共演

そして、梅COBO

微生物を媒介すると、どんな
出会いが待っている?
心から楽しみにしています♪

COBO Lab.にて梅COBO講座は
近日中に発表します。

プログラム(予定)
◎梅のいきかたをまなぶ
・「北斗の森」イシソネ家 COBOウエダ家紹介
・梅COBO
梅は何のために生きているか

◎梅COBOを仕込む
デモンストレーション & 実習
・「微生物基準」で梅をえらぶ
「北斗の森」の完熟梅

・選別、洗浄 ⇨ 穴をあける
ビン(450ml)に詰める⇨フタをしめる
冷蔵庫に入れる(保冷バッグでお持ち帰り)

⇨家の冷蔵庫で「寒仕込み」!
梅COBOの自然発酵と使いどき

◎散策と観察 ー「北斗の森」生態系をまなぶ
案内人
石曽根俊明さん
「北斗の森」

梅、米、野菜、ハーブなど
生態系を教えてもらおう
梅の一生と多様性
ほかのいきものとの関係

梅を摘む「COBOには完熟梅」

◎北斗の森 × COBO の食卓

米と野菜と、微生物に育まれる食卓
※梅COBO、お米の「自然発酵乳酸菌」使用



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北斗の森「梅COBO」講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎日程
2016年7月9日(土)10:00-14:00

場所
「北斗の森」
現地集合
東京駅⇨安中榛名駅
(希望者は駅⇨現地までのpickup可能)

定員  12名

料金  10,800円(税込)

内容
梅COBO(450ml瓶)仕込み方デモ&実習、
お持ち帰り
梅COBOと「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を使用したお食事

販売
「北斗の森」梅、梅干し、
「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」ほか

持ちもの
エプロン、手ぬぐい、保冷バッグ

服装
長靴又は運動靴、軍手、帽子、長袖長ズボン

お申込み/お問合わせ
labo@cobo-net.com
COBOウエダ家

16:56 UEDAKE|b. News!!!|mail
16 06 22

pd_pop2b
Exif_JPEG_PICTURE

「COBO Basic Program 秋~ぶどう、りんご」

「COBO Basic Program秋編」募集!
ぶどうやりんごが旬を迎え、
楽しくて、忙しい♪COBOの季節がやってきます。
「COBO Basic Program」は
現在、春編を開講中。
食、健康、環境、腸内フローラなど
関心の高い生徒さんが集まり、
活気溢れるクリエイティブな講座に
「COBOの原点、ベーシックにあり」
と嬉しい声をいただいています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自然発酵システムをまなぶ
「COBO Basic Program 秋〜ぶどう、りんご」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎日程
平日クラス    ⇨満席御礼キャンセル待ち受付中
1)2016年9月7日(水)11:00~14:00
2)2016年9月21日(水)11:00~14:00
3)2016年10月5日(水)11:00~14:00
4)2016年10月19日(水)11:00~14:00
5)2016年11月2日(水)11:00~14:00

休日クラス  ⇨満席御礼キャンセル待ち受付中
1)2016年9月10日(土)11:00~14:00
2)2016年9月24日(土)11:00~14:00
3)2016年10月8日(土)11:00~14:00
4)2016年10月22日(土)11:00~14:00
5)2016年11月5日(土)11:00~14:00

◎定員 10名
◎料金 54,000円(税込)
※講義、デモンストレーション、実習、試食、宿題あり
※「COBO(メンバー)認証」試験は講座内容中にて行われます。
※初心者、「COBO Basic Program春編」受講生ほか、どなたでも受講できます。



Exif_JPEG_PICTURE

みなさんとシェアしている内容を一部紹介
(「COBO Basic Program春編」vol.1-2より)

・COBOソフト「いきもの感覚、身につけよう」
COBOテイスティングによって、
五感をひらかれ言葉も、表情もゆたかに。
「わくわくする」「子どもの頃にもどったよう」など
自身の変化におどろく方も多いです。

・「人の基準より、微生物基準」
日々、膨大な情報を判断、選択を迫られますね。
自分のものさしを、どこに置くか?
原初的ないきもの=微生物のいきる戦略とにまなぼう。
春編はトマト、りんごの選びかたを
微生物に、教えてもらっています。

・「自然発酵システムをまなぶ」
vol.3~いよいよ、自然界の菌がどのように
はたらくかを実践でまなびます。
生徒さんには選んだ素材を家庭で「寒仕込み」。
菌を育て持参いただきます。人に有害な菌をおさえ、
共生できる乳酸菌酵母のフローラを育む環境づくりを
します。

・「COBO認証をいかしたい」
現在までご自身が取り組まれていた事業活動に
COBOという視点や考え方を融合させることで
新しい課題解決型のアプローチができる、と
生徒さんの中には多様な分野(薬膳、マクロビオティック、
ローフード、天然酵母パンなど)の専門家、
子育て、教育分野にいかしたい方も。

vol.4-5は、
旬の素材にお米の「自然発酵乳酸菌」を
合わせて、おいしく腸になじむ「COBOの食卓」をつくります。
それぞれの課題解決にむけた食卓を創造していきましょう。


basic0423i

◎「COBO Basic Program」でまなぶこと

・「COBO Basic Program 春~りんご、トマト」2016開講中
・「COBO Basic Program 秋~ぶどう、りんご」募集中
・「COBO Basic Program冬~りんご、柿」準備中

季節の果物・野菜等、素材由来の雑多な菌環境から
「微生物基準」「寒仕込み製法」
「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を使用した
「安全で安定した自然発酵法と活用法」などにより、
雑菌不検出、人を共生できるCOBO(乳酸菌、酵母、EPS)を
育む「自然発酵システム」を習得。
食卓につながる、多様な研究テーマに携わる人材を養成します。


●Step_1 >> なぜ、「微生物基準」?
おいしい=健康維持を、どのように実現するか。
COBO Lab.では「微生物基準」を掲げています。
Programの「先生」は、いきものとしての原点である
乳酸菌や酵母。
人の想像を越えたおいしさを、先ずは体感して下さい。
自然界の微生物と良い関係をつくり、摂取することで
腸内の細菌(フローラ)から心身を整えます。

●Step_2 >> 日本風土、食材の選びかた(春編:りんご、トマト)
農薬不使用だから、良い?有機栽培だから、良い?
一概に言えない世界が、自然発酵。ビンに詰めると、
香り、味、のどごし、食感など一つとして、同じ反応は無い。
りんご1個から、多様な情報を得ることができます。
菌を媒介として素材と向き合うことで、食環境を知ることができます。
農家との創造的な関係をつくることも、目標とします。

●Step_3 >> 自然発酵システムをまなぶ
寒仕込み製法、ともいわれる自然発酵システムでは、
発酵のレベル1,2,3,4を学びます。自然界の、菌の移り変わりが
どのように進んでいくのか。Step3-4のProgramでは
素材に付着する菌のみで発酵させるCOBOを教材として
使用します。自然発酵は扱い方次第で、安全性や安定性を
損なうので注意が必要です。

●Step_4 >> COBOから食と住環境診断?
自然発酵システムを学び、「微生物基準」で素材を選んだら、
自宅でCOBOを育てます。次のプログラムでは、育てたCOBOを
持ち寄り、情報を共有。素材環境、仕込んだ場所や、育てる
冷蔵庫内の情報が、テイスティングを通して現れます。
COBOの質を向上しつつ、食や住環境のみなおしができる
微生物診断は、盛り上がること必須!

●Step_5 >> COBOを、おいしい食卓へ。
「自然発酵システム」を食卓にとり入れるなら。
「微生物基準」素材+「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」。
自然発酵の料理、焼き菓子、漬物など
おいしく活用でき、「減塩、減糖、整腸作用」を
得ることができます。最終回は、持ち寄り歓迎!
自然発酵の食卓を囲みましょう。
「COBO Basic Program」修了メンバーの
今後の展開についても、楽しく語り合います。

※「COBO Basic Program」で習得した
素材 + 「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」
でつくるCOBOやレシピについて、
各自の講座、イベント、活動などにご活用いただけます。

※りんごなど素材のみから発酵させるCOBOは
「COBO Basic Program」教材とします。
安全性の問題があるため、「COBO Basic Program」外
での普及や販売はお止めください。



◎「COBO Basic Program」
認証制度の活用

COBOパートナーシップ化における
相互の技術レベルの向上、持続的な関係性のために。
マニュアルではない、柔らかな指標が必要です。

◎COBO研究メンバー

「COBO Basic Program」
春、秋、冬 編のいずれか1期(各5回講座)修了生

「COBO研究メンバー認証」カードを進呈します

・COBO Lab.講座(「わたしのCOBOパイ」など)研究メンバーとしての参加
・COBOが主催/参加するイベント、セミナーのスタッフ参加
・「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」の割引(5%割引)
・「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」の普及

◎COBO研究マスター

「COBO Basic Program」
春、秋、冬 編の全3期(各5回講座)修了
COBO認証試験(別日程)に合格

「COBO研究マスター認証」カードを進呈します

・「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を採用した独自講座などの開催
・COBO Lab.講座について研究、スタッフ参加
・「COBO研究マスター」生対象セミナー、講座、イベントへの参加
・COBO Committeeメンバー登録
・COBO製品研究開発メンバー         など

それぞれの課題解決型「COBOの食卓」をめざしましょう。

10:08 UEDAKE|b. News!!!|mail
16 03 26

konsou

おかげさまで、
「自然発酵乳酸菌」のネットワークが広がっています。
日本のお米から育まれる、寒仕込みの
乳酸菌フローラ。

風土の素材についている、菌の力を信じて、伸ばす。

お米の菌は、
日本の野菜、豆、果物、粉、魚、肉や卵によく合います。

腸内環境と風土の環境を、同時にととのえたい。
COBO Lab.自然発酵食品研究所の講座は、
いつでもupdate中。家庭の食卓や、ご自身の活動に
菌のネットワークをとり入れてみませんか。

あたらしい季節にはじまる講座、募集中です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 自然発酵システムをまなぶ
「COBO Basic Program」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 →水、土各クラス満席

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本風土の地粉ネットワーク
「自然発酵パン種同好会」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



mame_1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

豆のとりかた
「自然発酵の豆料理」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

豆は、種。
いくらおいしくても、健康な豆でも
食べ過ぎると、消化不良を起こすことも。
日本人は昔から、豆をどのように食してきたか?
を学びながら「COBOウエダ家の自然発酵」を使って
よりおいしく、食べやすい豆料理をつくります。

風土の豆 × 「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」ペースト

りんごCOBOの金時豆煮、ぶどうCOBOの紫花豆煮

昆布COBOと白いんげん、大麦の腸活スープ

など

日程 2016年4月13日(水)11:00〜13:00
満席終了

定員 10名

料金 6,000円(税込)

※「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を使用します。
※豆ペーストの簡単な実習、お持ち帰り、試食付き。

◎講座のお問い合わせ・お申し込み
labo@cobo-net.com


9-10coza2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 米のとりかた、豆のとりかた
「日本人の腸になじむ
乳酸菌の甘酒づくり&豆乳ヨーグルト」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

離乳食、介護の食、毎日の腸活に。
すっきりとおいしい「乳酸菌の甘酒」はいかがですか。
みんなで仕込んだら、自宅に持ち帰って「寒仕込み」。
ゆっくりと育まれた乳酸菌はやわらかなあまみとさんみ。
「豆乳ヨーグルト」づくりもご紹介します。
お米から生まれた「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を
それぞれの家庭で増やし、とり続けてほしい!
「日本人の腸になじむ」甘酒とヨーグルトをつくりましょう。

日程 2016年4月27日(水)11:00〜13:00

定員 12名  満席終了

料金 5,500円(税込)

※「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を使用します。
※「乳酸菌の甘酒」デモンストレーション、実習、お持ち帰り。
 「豆乳ヨーグルト」デモンストレーション、試食。
※写真はイメージです。

◎講座のお問い合わせ・お申し込み
labo@cobo-net.com


Exif_JPEG_PICTURE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 野菜のとりかた
「生きている自然発酵のお漬物」同好会 vol.3 初夏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すっぱくない。におわない。手間がいらない。
野菜をもりもり、食べられる!

日本風土の野菜 ×「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」。
ささっと混ぜるだけの浅漬けから、
家の冷蔵庫でゆっくり「寒仕込み」する本格的なお漬物まで。
無加糖、減塩、整腸作用。
シンプルな材料で、
季節の野菜をたっぷり、楽しくとることができます。
いきている、お米の乳酸菌と、健康野菜のコラボレーション。
日本人の腸を救うのは、おいしいお漬物⁈
野菜の旬とともに進む「お漬物同好会」はいつでも、
誰でも、何回でも参加できます。

日程 
2016年6月22日(水)11:00〜13:00 満席終了
or
2016年6月25日(土)11:00〜13:00 満席終了

定員  10名
料金  6,000円(税込)

※「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を使用します。
※漬物づくりデモンストレーション、簡単な実習、お持ち帰り
 試食付き。
※写真は1月開催のお漬物講座です。当日のレシピとは異なります。   

◎講座のお問い合わせ・お申し込み
labo@cobo-net.com


Exif_JPEG_PICTURE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本風土の地粉ネットワーク
「地粉パン種同好会」 連続5回
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「微生物基準」は、粉ものにも。「粉」「小麦」で検索すると、
グルテンフリーや糖質制限など食べるな、の大合唱。
それでも・・・・、と思いたい。
日本風土には、その地域の粉を使った料理やおやつがあり
やはり、日本人の体を支えてきたはず。
「自然発酵乳酸菌」を媒介したら、パンだけでなく、
あたらしく消化吸収によい粉もの文化が生まれそうです。
地粉ネットワークが、1月から開講しています。
第一回は、「微生物基準」で、地粉collection!
北海道から、沖縄まで。
ご縁を通していただいたり、探し当てた地粉が集結。
自然発酵すると、香り、食感、味わい、のどごし
それぞれの粉の得せ値が、醸し出されます。
4月から、増設。今なら、間に合います!

◎日程
火曜クラス  
1)2016年4月12日(火) 11:00-14:00
2)2016年4月26日(火) 11:00-14:00
3)2016年5月17日(火) 11:00-14:00
4)2016年5月31日(火) 11:00-14:00
5)2016年6月14日(火) 11:00-14:00

土曜クラス 
1)2016年4月16日(土) 11:00-14:00
2)2016年4月30日(土) 11:00-14:00
3)2016年5月21日(土) 11:00-14:00
4)2016年6月4日(土) 11:00-14:00
5)2016年6月18日(土) 11:00-14:00

◎定員  10名
◎料金  35,000円(税込)
>> デモンストレーション、実習、試食、課題あり。
>> どなたでも参加できます。

13:15 UEDAKE|b. News!!!|mail
16 03 14

Exif_JPEG_PICTURE

2016.3.11 大地を守る会×COBOウエダ家
    「いきた乳酸菌を、食卓に」漬物編

お漬物に、軽さを!

企画段階での、
大地を守る会大麻さんの、
「漬物が得意じゃない」
「サラダなら身近」
の一言に、よ〜し、と奮起!

漬物の良いところを、そのままに。
思い切り、軽いものにしよう。
と、進んだ企画。

「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」で、

におわない、すっぱくない、手間がいらない
野菜がもりもり、食べられる!

減塩、減糖、整腸作用

COBO Lab.のお漬物から

・かぶの浅漬け
・漬物サラダ
・べったら漬け
・ぬか床

をご紹介。

大地会員のみなさま、山盛りの
お漬物を完食いただきました。

当日は(ウエダ家と同様?)
大地会員歴が長い方が多かったよう。

とぎれない、集中力。経験と知恵を
ひしひしと。そして、みなさん
好奇心と熱意にあふれています。
味の経験値も高く、ぬか床でも、
もうなんでも手作りしている!

この方々に、満足いただくには・・・
その下の世代との連携をつくるには・・
など、改めて、考えさせられました。

野菜 ×  お米の「自然発酵乳酸菌」。

日本風土の食材の力が
「自然発酵乳酸菌」によって、
じわじわと、すがたを表します。
食べやすく、もっとおいしく、
わたしたちの腸になじむものへ。

当日も、とにかく働き支えてくださり
大事なゲストも呼んでいただいた
大地を守る会、町田さん内田さん
大麻さん、スタッフのみなさま。

3月11日
それぞれの思いがある日に
集まっていただいた参加者のみなさま。

ありがとうございました。

09:57 UEDAKE|b. News!!!|mail
16 03 02

Exif_JPEG_PICTURE

COBO Lab.自然発酵食品研究所より
パート・アルバイトさん募集のお知らせです!

商品の封入など、簡単な作業のお仕事です。
コツコツと丁寧にお仕事できる方、お待ちしています!

ご近所の方、横浜市内の方を歓迎します。

◎主な業務内容
商品パッケージのシール貼り、商品カタログの封入、
箱詰め作業。出荷の伝票作成、商品の数量確認、
在庫表への記入 ほか軽作業。

◎雇用形態
パート・アルバイト

◎勤務時間
平日 週1~2日
9:00~17:00の間 5時間程度

◎給与
時給910円
交通費支給(上限あり)

◎勤務地
横浜市都筑区茅ヶ崎中央
横浜市営地下鉄 センター南駅より徒歩4分

◎応募方法
履歴書(写真貼付)・職務経歴書(書式自由)を
以下、お問合せ先までご郵送ください。
(なお、応募書類は返送いたしませんので
あらかじめご了承ください。)
書類選考通過者のみ弊社より詳細をご連絡
(応募書類をご郵送いただいてから3週間以内)いたします。

◎お問い合わせ
COBO株式会社 COBO Lab.自然発酵食品研究所
〒224-0032
横浜市都筑区茅ヶ崎中央9-1 ラフィーネ港北2F
TEL:045-479-6259
e-mail:info@cobo-net.com

COBO株式会社

創業    平成23年10月26日
代表者名  植田夏雄

◎事業内容
日本の米を原料に、寒仕込み製法(特許願)
「自然発酵乳酸菌」をつくっています。
日本人の腸内環境を再生する加工食品の企画、
自然発酵食の教室・イベントなど。

◎会社の特長
日本風土の米、野菜、豆、小麦
に「自然発酵システム」を使い、
腸内フローラから整える、
おいしい食卓づくりを提案します。
革新的なモノやコトが生まれる、
活気ある社風です。

15:32 UEDAKE|b. News!!!|mail

« PREVIOUS PAGENEXT PAGE »