15 06 29

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
GLAUBELL × COBO Lab.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グラウベル生徒さん、COBO Lab.の生徒さんが
発酵のもとに交わり、喜びが生まれる。
室温も上がる!エネルギーに満ちた講座でした。

狩野知代さんは、珈琲の焙煎家。
現在、50店舗のカフェなどに焙煎豆を卸し、
グラウベルの講座には熱心な生徒さんが。
COBO生徒さんも、通っています。
藤原ゆきえさんは、食に精通するを主とするディレクター。
近所に住む、狩野さんの珈琲の素晴らしさを
世に伝えるパートナーで
講座でも、まさに「総監督!姉妹のような素敵な関係です。

珈琲はもともと、エチオピアの僧侶のくすりとして
始まったそうです。
最近は「国立がん研究所センター」から
珈琲を3〜4杯のむ人の
死亡リスク減少が発表されるなど
健康効果に注目が集まっています。

もういちど、珈琲を薬効として、とらえたい。
そして…珈琲豆には「発酵」が絡んでいる?!
「種子」を使用する珈琲は、精製方法によって、
発酵の関わり方が違い、焙煎した豆が
醸す風味、こく、
後味のすっきり感などは
大きく異なってくる。

狩野さん、藤原さんが今回、

数々の、著名なバイヤーにあたり、掴んだ情報です。
前代未聞、珈琲の豆、
「素材としてのすがた」に食い込んだ、
お2人の気迫。前代未聞の情報に、会場はヒートアップ!

・生豆の精製方法「Natural」「Washed」の違いを楽しむ。
・使う道具(ドリップ式)による違いを楽しむ。
・淹れ方のレクチャー、生徒さんの体験!
・講座のきっかけとなった COBO「古代小麦100%発酵バー」の
風味や味わいに触発され
 狩野さんがオリジナルブレンドした珈琲と。

次々と淹れて頂く珈琲はフルーティで
多様な香りの情報を含みながら、
軽さがあります。
後味がきれいで、消化にやさしい。
長野でカフェをひらく御姉妹に
「狩野さんの素晴しさ、どこにありますか?」
と、聞きました。
「男社会の珈琲道にあって、
狩野さんが素晴らしいのは、
自分の蓄積した知識や
こだわりを、惜しみなく、
私たちのために教えてくれること」
媒介者として、素敵なんだと。
謙虚に、豆に向き合い、引き出す。
その姿勢が
品質の定評につながっているのだと、深く納得しました。

狩野さん、藤原さんのお仕事、生き方に
また、学びたいです。
大阪、長野、栃木、茨城からも。
参加者の
みなさま、ありがとうございました。

20:39 UEDAKE|www.cobo-lab.com|mail
13 10 30
2013.10.14
「せたがやパン祭り」に参加しました!
~ウエダ家の「自然発酵100%」のしくみ


台風に脅かされましたが、
おかげさまで、実りの秋となりそうです。

「せたがやパン祭り」は3年目にして、入場2時間待ち!
の大イベント。ウエダ家は、「パン祭り」会場と少し離れた
「がやがや館」で発酵講座。おかげさまで、満席となりました。

テーマは「自然発酵のしくみ」。
「発酵ってなに?」という質問を、頂くことが多くなりました。
なんだか、体をまもってくれそうな発酵。
ウエダ家は、発酵の専門家ではありませんが、
身近な菌との関係性を研究してきました。
自然の乳酸菌や酵母、麹菌のはたらきを観察。
それぞれの菌が連携をして、
「きちんと発酵している状態」になる。
これが、最も大切なこと。

そして、

せたがや野菜×「いきているマイグルト」!
台風の影響を受けながらも、集めていただいた、
せたがや産、減農薬ジャガイモ、ニンジン、ナス、など。
自然発酵をとり入れて、より、からだにやさしく、おいしく。

後半は、ウエダ家期待の「パン種88」プレゼンテーション!
パン職人の方々も、いらしたそうです。
長男・ユウも、いつもより緊張しながら、
まったくあたらしいパン種の可能性を語りました。

コンセプトはやっぱり、「からだをまもる」パン。
国産小麦、「パン種88」、自然海塩、(時々、植物性オイル)。
これだけの材料で、
バゲッド、角食、山食、ベーグル、カンパーニュ、スコーン、
クラッカー、ピザ・・・、
多彩な風味と食感の生地を、つくることができます。
小麦グルテンの消化力にすぐれているため、消化の負担を
減らすことができます。

すべては、
ウエダ家が、自然発酵を実現するために掴んだ、
「乳酸球菌ネットワーク」のはたらき。

緊張の糸が、ふっと切れたように、
講座後の、みなさんとの会話が楽しかった!
パンを焼いている人、カフェの方かな、という人、
そして、助産院ではたらく方からは、メールをいただいて。
「お母さんたちの、産後の食事に、マイグルトを使ってみたい」。

ラボに、
たくさんの、講座お申し込みも頂きました。

世田谷くみん手帖の甲斐さん、
世田谷サービス公社の山本さん、ありがとうございます!

2013.10.20
クレヨンハウス野菜市場×ウエダ家、
第1回マイグルトミニ講座。


クレヨンハウス。ウーマンリブ世代の母にとっては、憧れの場所。
娘の私には、いつも育児のヒントを貰える、身近な場所です。

クレヨンハウス野菜市場で、マイグルトが買える!
会社帰りに寄れる!
と、まずは、ラボの生徒さん方が、喜んでくれました。

でも、マイグルトってなに?

という方々が、ほとんど。
マイグルトのこと、ウエダ家の自然発酵のことを、伝えたい。

ところが。
当日は、なんと、台風接近。
どしゃ降りの雨。朝9時~スタート!
にもかかわらず、25名の皆様が、集まってくれました。
クレヨンハウス、レストランの皆様のはからいで、
室内でゆっくりと開催。ほっとしました~。

ミニ講座は、ミニ試食付き。
クレヨンハウス野菜市場の、
力あるお野菜。
もちろん、そのままでも良いのですが、
もっと、食べやすく、おいしく。
たとえば、小さなお子さんでも、
苦みや青っぽさ、繊維の食べにくさを解消できる、マイグルト。

「発酵マヨネーズ」野菜市場の卵がおいしい
~ジャガイモ&モロッコインゲンと

「ナスのペースト」
この日の人気No.1レシピ。
にんにくがマイルドに。ナスが食べやすく、オイルも
控えて、食べやすく。

「乳酸菌の甘酒」
小さなお子さんがいるお母さんも多かった?
保温いらずで、ずっとおいしい。お腹にやさしいあまみです。
「甘酒のフルーツマリネ」
野菜市場の柿とバナナを甘酒に漬け込んで。
とろり、乳酸菌のさわやかなあまみのスイーツ。

盛りだくさんのミニ講座、
短時間でも、みなさんと交流することができました。
もっと、お話を聞いてみたかったな。
その気持ちは、次回のミニ講座へ。

クレヨンハウス野菜市場のみなさま、
レストランのみなさま、
ありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いします。

2013.10.20
日比谷公園で、
「土と平和の祭典」

そうです!前出「クレヨンハウス」と同日、
どしゃ降りの雨。
ウエダ家男性スタッフは、
日比谷公園にいました。
「土と平和の祭典」にて。
「オルター」ブースでの、お手伝い参加です。

「ラボの生徒さんが、朝のクレヨンハウスから移動して、
日比谷まで応援に来てくれた~!」と、
感激していた、ユウとハヤマくん。

ウエダ家のお米の発酵が、パン種になった
あたらしい「パン種88」をつかって、
パンをいっぱい焼いて。
食べてもらった、みなさんの反応に励まされ、
寒さもいっとき、忘れる事ができたそう。

「土と平和」をベースに、さまざまなことに
取り組んでいる方々と、出会うことができました。
ありがとうございます!
             (アミ)

11 07 30

野生麹を使い、昔ながらの木樽で10ヵ月長期間熟成で味噌をつくる
福井「マルカワ味噌」の河崎さんを訪ね、お願いしたところ、
COBO発酵法を取り入れた味噌を造っていただくことになりました。
ウエダ家から、「COBO MISO」来年末に限定発売予定となりました。
大豆は、200年選ばれつながれてきた同じ福井県上田農園の
地大豆「大だるま」。
「COBO MISO」のために、特別に無農薬大豆200kgを
今年6月に種を蒔いていただきました。
これ以上こだわりようのないー五つのスペックで発酵環境をえがき、
第3の調味料としてのレベルまで質を求めました。
そのまま湯でとくだけでも、雑味が無く、安心しておいしい、
最上級の味噌を味わっていただけます。

・200年以上受け継がれてきた在来種ー福井県上田農園の大豆
「大だるま」。
・福井の空気、水環境、そして河崎家の昔から受け継がれてきた
 知恵から生まれたマルカワ味噌の野生麹。
・昔ながらの木樽を使って季節の温度変化を最小限にとどめ、
 10ヵ月間の長期間熟成。
・ウエダ家独自の自然発酵システムー乳酸菌〜野生麹〜酵母の
 はたらきをクリエイティブ。
・ウエダ家の昆布COBOをプラスすることにより、
 だしいらずのうまみと免疫力を上げます。

※福島原発の爆発事故以後、長崎で被曝された秋月辰一郎医師の著書
『体質と植物』の中で『わかめの味噌汁』が話題になっていますが、
「放射線から体を守る食品として、一日2杯の味噌汁が効くという」
記事が雑誌『アエラ』に掲載されていました。
次の文は、その『アエラ』から抜粋させていただいたものです。

秋月さんの事例を研究している広島大学医科学研究所の渡邊敦光名誉
教授は、「空中の放射線量も高く、生き延びた秘訣は味噌にあったん
です。」マウスを使った実験を繰り返し、味噌の放射性物質に対する
効果を研究し、外部被曝、内部被曝ともに防護効果があることを確信
したといいます。
10%の味噌を加えた餌と、そうでない餌を1週間マウスに与え、
強い放射線を浴びせた。3日半後に消化器官で最も放射線への感受性
が高い小腸を調べると、味噌を含んだ餌を食べたマウスだけに小腸の
細胞の再生が見られた。
また原医研では、1週間味噌を食べさせたマウスにヨウ素131とセ
シウム137を投与し、強い放射線を照射する実験もしている。
血液中のヨウ素は6時間後で大幅に減少。セシウムは普通の餌を投与
したマウスと違いはなかったが、雌の筋肉では 3日後に減少した。
「熟成期間が長い味噌を食べたマウスほど、小腸の傷も少なく、生
存日数も増加した。熟成段階で生まれるメラノイジンという物質が、
放射線防御効果がある成分の一つかも知れません」
メラノイジンはアミノ酸と糖質が結合してできた物質だ。強い抗酸
化作用も持っている。
渡邊教授はこう話す。
「防護効果を高めるには、日頃から味噌を食べていることが重要で
す。一日2杯の味噌汁を飲んでほしい」

17:31 UEDAKE|www.cobo-lab.com|mail
10 11 23
開設一周年を迎えたラボでは、
りんご、ぶどう、柿、梨、洋梨、みかん・・・・。
まだまだ続く、実りの秋~冬を、満喫中。
この一年、ラボでは、月に平均200名の生徒さんを迎え、
送りだしてきました。
その中で、「素材とむきあうこと」。
お店に並んでいるものとは違っても、ビンの中で、
野生の菌が選ぶものがある。
それは、どんなものだろう?
りんごや、ぶどう、ほんらいのすがたって、どんなものだろう?
流通の影響は?
など、日々さまざまに学んでいます。
素材の「質」は、かかわる菌の顔や数を決めます。
また、COBOを育てつづけることによって、自分の家に生きる菌の
顔ぶれを変え、環境を変えていくこともできます。
そして、自分や家族が食べるものが、体調が、生活の質そのものが
変わっていくのがわかります。

「野生の菌たちが、よろこんではたらくものは、生きもの全体に
よいもので、自分にとっても、よいものではないか。」
そんなビジョンを描きながら、2011年も、みなさまといっしょに、
歩んでいきたいと思っています。

ウエダ家は、2011年、レギュラー講座のほか、
あたらしい本『ウエダ家のえがくスープ(仮)』の出版、
新商品の発表、発売など予定しています。
COBOの研究をより深める「COBO Lab.コース」と
「COBOパンDesign program 3(上級)」は、
2011年5月よりスタート。
来年も、どうぞよろしくお願いします!

◎ 申込受付期間:11/25(木)9 : 00~12/7(火)21: 00

1.「COBO Basic Program 」
COBOを体験してみよう

2. 「COBO Middle-Class Program」
COBO生活はじめよう

3. 「COBOパンDesign Program 1(初級)」
COBOで作る丸パン&ベーグル

4. 「COBOパン Design Program 2(中級)」
COBOで作る食パン&おやつパン

5.「旬のCOBOで味噌づくり 2011」講座(単発)
どなたでも参加できます。

6. 「はじめてのみかんCOBO」講座(単発)
どなたでも参加できます。

7.「はじめての玉ねぎCOBO」講座(単発)
どなたでも参加できます。

1「COBO Basic Program 」
COBOを体験してみよう
※はじめての方向けのプログラムです。

「COBOってなに?」「果物や野菜をそのまま食べるのと、
どうちがうの?」
基本的な疑問にお応えしつつ、COBOの魅力をご紹介。
ウエダ家のCOBOを味見して、
実際に自分で育ててみましょう。
おいしいCOBOが育ったら、毎日の食事にどうやって
取り入れたらよいのか。
シンプルなレシピを作り、味わってみましょう。
初心者の方にもわかりやすく指導します。

日程:連続6回
(隔週でない日程の場合もありますのでお気をつけください。)
(上のクラスに進む場合は欠席2回以内が受講資格となります。)
●1月土曜午前コース: 1/22(土)、2/5(土)、2/26(土)
3/12(土)、3/26(土)、4/9(土)
時間:11:00~13:30
(4~6回目は実習のため、14:00終了予定です。)
●1月土曜午後コース: 1/22(土)、2/5(土)、2/26(土)
3/12(土)、3/26(土)、4/9(土)
時間:17:00~19:30
(4~6回目は実習のため、20:00終了予定です。)
●2月火曜午前コース: 2/8(火)、2/22(火)、3/8(火)
3/29(火)、4/12(火)、4/26(火)
時間:11:00~13:30
(4~6回目は実習のため、14:00終了予定です。)
●4月火曜午前コース: 4/5(火)、4/19(火)、5/10(火)
5/24(火)、6/7(火)、6/21(火)
時間:11:00~13:30
(4~6回目は実習のため、14:00終了予定です。)

受講料:¥36,000(税込)
※初回のビン、素材、材料費込み
※テキストとして本『COBO 野生酵母と出会う』(¥1,000税込)を
  使います。
事前に購入または初回に教室にて購入して下さい。
定員:10名(1クラス)

2. 「COBO Middle-Class Program」
COBO生活はじめよう

COBO Basic Programで基本の育て方やレシピを習得した後、
COBO Middle-Class Programではより自分の家や自分や家族の
からだに合ったCOBOの育て方や活かし方をまなびます。

旬の1~2素材を採り上げ、それぞれの生き方を知り、
COBOに育て、対話をしましょう。
COBOが進む段階(レベル)をこまかくみきわめて、
シンプルないかし方をまなびましょう。
自分なりのCOBOレシピを考えて制作する回もあります。

受講資格:
2011年1/16までに「Basic Program2」を修了、
または修了予定の方。
2010年9月以降に開講した「Basic Program(新)」を
2011年2/15までに修了または修了予定の方。

※「COBO Middle Class Program」は季節ごとに内容が
 異なりますので何回でも受講できます。

日程:連続6回
(隔週でない日程の場合もありますのでお気をつけください。)
●2月水曜コース:2/16(水)、3/2(水)、3/16(水)、
3/30(水)、4/13(水)、4/27(水) 
 時間:11:00~14:00
●2月日曜コース:2/27(日)、3/13(日)、3/27(日)、
4/10(日)、4/24(日)、5/8(日) 
 時間:11:00~14:00

受講料:¥45,000(税込)
※実習用材料費込み(酵母用ビン、素材費別)
最終回の卒業制作、宿題の試作分は材料費を
ご負担いただいております。
定員:8名

3. 「COBOパンDesign Program 1(初級)」
COBOで作る丸パン&ベーグル

COBOで作るパンをまなびたい方が予約待ちをして下さる
人気講座です。イーストでパンを作っていた人、市販の天然酵母で
作っていた人、自家製酵母で作っていた人、また、まったくパンを
作ったことがないのに「野生の菌のはたらきから生まれるパン」に
興味を持って来られる方もいます。
今季はベーグルから丸パン、角食、スコーン、ブリオッシュまで
きめ細かくやわらかいあまみが特徴のみかんが登場!
卵や乳製品を使わずにスイーツのようなリッチなパンができます。
初級講座では丸パンとベーグルをマスターし、
同じCOBOを使ったスープやスイーツも味わえます。

使用する予定のCOBO:みかんCOBO、りんごCOBO
(仕入れの状況によって変更する場合がございます。)

受講資格:2/15までに「COBO Basic Program 1」
「Basic Program(新)」を修了、または修了予定の方。
2010年11月に開講の「Basic Program(新)」火曜午前コース、
水曜午前コースの方もお申し込みできます。

日程:連続4回
(隔週でない日程の場合もありますのでお気をつけください。)
●1月水曜午前コース:
1/26(水)、2/9(水)、2/23(水)、3/9(水)
   時間:11:00~14:00
●2月日曜午前コース:
2/13(日)、3/6(日)、3/20(日)、4/3(日)
   時間:11:00~14:00

受講料:¥28,000(税込)
※実習の材料費込み(酵母用ビン、素材材料費別)
※テキストとして本『はじめての自家製酵母パン』(¥1,500税込)を
使います。事前に購入または初回に教室にて購入して下さい。
定員:8名

4. 「COBOパン Design Program 2(中級)」
COBOで作る食パン&おやつパン

菌を大切に育てることがおいしく栄養のあるパンにつながると
知った初級編。
中級ではさらに旬の素材の持つ生きものとしての能力を引き出し、
その素材に合ったパンを追求していきます。
メインになるのはキューブ型の角食パン。
何も塗らずに食べても満足感があり、
素材の色鮮やかさも特徴です。
また、砂糖やバター、乳製品を使わずにみかんCOBOの
あまみやうまみをいかしたパンも作ります。
今回から玉ねぎCOBOでうまみがぎゅっと詰まった
スナックパンも登場。

受講資格:2/11までに「COBOパンDesign Program 1(初級)」を
修了、または修了予定の方。

※「COBOパン Design Program 2(中級)」は季節ごとに内容が
 異なりますので何回でも受講できます。

日程:連続4回
(隔週でない日程の場合もありますのでお気をつけください。)
使用する予定のCOBO:みかんCOBO、玉ねぎCOBO
(仕入れの状況によって変更する場合がございます。)

●2月土曜午前コース:
2/12(土)、3/5(土)、3/19(土)、4/2(土)
時間:11:00~14:00
●2月土曜午後コース:
2/12(土)、3/5(土)、3/19(土)、4/2(土)
時間:17:00~20:00

受講料:¥30,000(税込)
※実習の材料費込み(酵母用ビン、素材材料費別)
※テキストとして本『はじめての自家製酵母パン』(¥1,500税込)を
使います。事前に購入または初回に教室にて購入して下さい。
定員:8名

5.「旬のCOBOで味噌づくり2011」講座(単発)
どなたでも参加できます

2010年からはじまったウエダ家の味噌づくり講座。
夏ごろから「次の味噌講座はいつですか?」と聞かれるほどの
大人気講座です!
昨年参加の方からはおいしいお味噌ができたとレポートも
たくさんいただいています。

毎年、お味噌づくりをしている人にもはじめての人にも。
旬のCOBOを加えた味噌は、カビもつきにくく、
塩気もまろやかな仕上がりに。
りんごCOBOやみかんCOBO、昆布COBO(予定)、
COBOによって味わいも変化します。
昨年からよりバージョンアップした方法で仕込みます。

講座では少量の仕込みなので、おうちで色々な種類に
挑戦するのも楽しいです。
出来上がった味噌はだし入らずのうまみで、お味噌汁はもちろん、
洋風のスープにもぴったり。
ウエダ家セレクトの味噌龜も登場予定(別売り)。

日程:1/29(土)11:30-14:30
2/1(火)11:30-14:30
2/6(日)13:00-16:00 ※この日だけ午後のクラスです。

すべて同じ内容ですので、ご都合のよい日程をお選びください。

受講料:¥6,000(税込)
定員10名

6. 「はじめてのみかんCOBO」講座(単発)
どなたでも参加できます。

昨冬からみかんCOBOの可能性に気づき、
こんなにみかんが実ることを楽しみに待っていた年はありません!
かんきつ類の中でも温州みかんは特別に乳酸菌が多く育ちます。
そのまま食べたり、豆乳と合わせてヨーグルトに、
クリーミーなソースや乳製品なしでリッチなパンができるのも
みかんCOBOならでは。
ブイヤベースなど、おだしとしても使えるうまみもあります。

みかんCOBOのテイスティング、
みかんCOBOを使った料理やパンの試食。
みかんCOBOの育て方、つきあい方のお話
※実習はありません。

日程:1/15(土)午前の回 11:00~13:00
1/15(土)午後の回 17:00~19:00
1/18(火)午前の回 11:00~13:00
  ( すべて同じ内容ですので、ご都合のよい日程を
    お選びください。)
受講料:¥5,000(税込)
定員12名

7. 「はじめての玉ねぎCOBO」講座(単発)
どなたでも参加できます。

お料理にはかかせない身近な野菜、玉ねぎ。
菌をはたらかせることで驚くほどのうまみと
フルーティなあまみを引き出すことができます。
さらにお料理やパンにつかうとうまみがさらに増し、
「お肉が入っているの?」というくらいの濃厚な
味になります。
菌の繊細なみきわめができなくても必ずおいしくなるのが
玉ねぎCOBO。はじめての方にもおすすめです!

玉ねぎCOBOのテイスティング、
玉ねぎCOBOを使った料理やパンの試食。
玉ねぎCOBOの育て方、つきあい方のお話
※実習はありません。

日程:3/15(火) 11:00~13:00
受講料:¥5,000(税込)
定員12名

<お知らせ>
2011年あらたに開設の「COBOLab.プログラム(研究科コース)」、
「COBOパン Design Program 3(上級)」は
パン中級クラスの日程により受講対象の方の人数の関係上、
2011年5月からの開講を予定しております。
プログラム内容は改めて発表いたしますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。
お待たせしてしまって申し訳ありません。

「COBOLab.プログラム(研究科コース)」は、
「COBO Middle-Class Program」を4回修了、
「COBOパン Design Program 1(初級)」、
「COBOパン Design Program 2(中級)を2回、
を修了した方が対象になります。
お申し込みの際に、書類選考と面接があります。

「COBOパン Design Program 3(上級)」は、
「COBOパン Design Program 2(中級)」を2回修了
された方が対象になります。

19:57 UEDAKE|www.cobo-lab.com|mail
10 11 23
■お申し込み方法

◎場所:COBO Lab.(コーボ ラボ)
東京都目黒区。駒沢公園近くにあります。
東急東横線 都立大学駅より徒歩13分。
お申し込み受付後、受講者の方には詳しい場所をお知らせします。

■受講資格

18歳以上の方。
各講座にも受講資格があります。

下記の項目を記入の上、申込専用アドレスまでメールにて
お申し込みください。
こちらから受付確認のメールをお送りします。
*定員以上のお申し込みを頂いた場合は、抽選となります。

申込専用メールアドレス:
labo@cobo-net.com

・講座名:COBO Basic Program 1月土曜午前コース(例)
・講座開始・開催日:1/22(土)(例)
・お名前:
・年齢:
・ご住所:
・電話番号:
・メールアドレス:
・受講歴のある方は、一番最近に受講したプログラム名を
ご記入お願いします。(単発を除く連続講座について)
COBO Basic Program 9月火曜午前コース(例)

申込受付期間:11/25(木)9 : 00~12/7(火)21: 00
※お申し込みを頂いた方には、4日以内に受付確認のメールを
 お送り致します。
※各プログラムで定員以上のお申し込みを頂いた場合は、
 抽選となります。
 抽選になりご参加頂けない場合、ご希望の方はキャンセル待ちの
 ご登録をさせていただきます。
※開講人数に満たない場合、開講中止となる場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※12/7(火)の時点で空席があるプログラムは開講まで
 再度募集いたします。

■お支払い方法
事前に受講料をお振込頂いております。
詳細は、申込期間後のご案内メールにてお知らせいたします。

■お申込み後の変更・キャンセルについて
一度ご入金頂いた受講料はご返金致しかねますので、
スケジュールや内容を再度ご確認の上、
お手続き頂きますようお願い申し上げます。
※授業時間が多少延長する場合がございます。
※曜日間のお振替はしておりません。
※単発以外の連続講座では、COBOを家で育てて来る宿題があります。
※お子さまと一緒の参加はご遠慮いただいております。
(親子講座は別に企画する予定です。)

皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

ウエダ家

■講座に関するお問い合わせ

COBO info
labo@cobo-net.com
http://cobo-net.com
TEL:03-6421-1821
(担当:ウエダヨシミ)

19:38 UEDAKE|www.cobo-lab.com|mail

次ページへ »