16 08 03

syoutyu

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016.7.19(sun)
「自然発酵でつながる焼酎とおさかなBar(バル)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
COBO Lab.一周年特別企画
人と自然が出会う場所「里山&里海」ネットワークつくろう。

里山&里海は、野生のいきもの世界と人がいきる社会を
つないでいます。人手が加わることで、生物多様性が高まり
豊かな生産性もうまれます。

こうした里山&里海環境が減少する現在、土砂崩れなど
災害が起こりやすく、また、動植物の減少など
いきものと人との断絶が進んでしまっています。

「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」をつくることは、
いわば、人と菌とが共生できるポイント(接点)を
お米という環境にえがきだす、里山づくりのようなもの。

COBO Lab.一周年記念。「自然発酵乳酸菌」を媒介に
人と人もつながりはじめています。

今回の「焼酎とおさかなBar」は、ゆるやかに集まり、
対話がうまれる会。

ナビゲーターは
焼酎担当 町田正英さん 「大地を守る会」
魚食担当 五味幹子先生 「料理教室ハレとケ」

このお2人、なんと、10年ほど前に
小笠原諸島の海で、出会っていたことがわかりました!
ちょっと、ぞくっとするような、不思議なご縁。

町田さんが10年以上続ける活動とは、日本各地の風土、歴史、
文化に立脚した伝統産業である焼酎の魅力を伝え、首都圏からでも
飲んで鹿児島、宮崎など地域を応援し、その輪を広げること。

また焼酎は、九州を中心に日本風土の多様な芋、米、
黒糖、蕎麦、ジャガイモ など、麹(米)をベースに、
多様なでんぷんを発酵させる伝統的な食文化です。
発酵後、蒸留されるためよけいな糖質を摂りたくない方におすすめ。

蔵元さんそれぞれ独自の哲学が投影された5種以上の
焼酎(芋、麦、黒糖など)をお湯割り、炭酸割り、水割り、ロック、
カクテル系(福山さんの無農薬ミントを使った黒糖焼酎モヒート)
などご自分の焼酎スタイルを追求するための基本の型をお伝えします。

「焼酎の魅力は、多様性と包容力。
自分なりのオリジナルスタイルを追求しましょう」
美味しい焼酎の飲み方とのご縁が、人生を豊かにするという(^^)
町田さんワールドをお楽しみに。

そして、お魚料理。
「魚を食べたい」けれど、「扱い方がわからない」「手間がかかる」
「骨が嫌」「においが気になる」? 魚食が減ると、漁場が減少。
ゆたかな里海づくりのために「食卓に、お魚を」。

COBO Lab.の研究テーマ「におわない魚」を体験して頂きます。

「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」の工程をプラスすることで、
におわない、手間もかからない、身もふっくら ・・

五味幹子先生は和食、スペイン料理、インド料理など
多ジャンル、質の高い家庭料理を伝授されています。
素晴らしいのは、魚介への溢れる愛情!
小笠原諸島で海のガイドをしながら、海中の生態系を観察し時に
魚を捕り食していた暮らしがベースにあると聞き、納得しました。
今回、COBO Lab.の魚食プロジェクトに参加、挑戦いただき
現在、テストの真っ只中。

COBO Lab.発 家庭の食卓で、すぐにできる
魚 ×「自然発酵乳酸菌」
微生物を媒介にしたあたらしい調理システムが誕生します。

「焼酎とおさかなBar(バル)」
当日のメニューは、追ってお知らせします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「焼酎とおさかなBar(バル)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎日程 2016年9月18日(日) 17:00〜19:30
◎定員 20名
◎料金 6,500円(一周年特別価格)
>>写真のお料理は五味先生の参考資料です。
 当日のメニューとは異なります。
◎お申込み・お問合せ
labo@cobo-net.com
COBOウエダ家

21:48 UEDAKE|b. News!!!|mail