15 12 15

1212party5

2015.12.12
「2015年末COBO Lab.感謝祭」がひらかれました。

日本古来の乳酸発酵の文化を、
今の食卓に伝えよう。

2015年4月15日にオープンしたCOBO Lab.
オープンな「自然発酵食品研究所」をめざして。

ささえてくださったみなさまへ
感謝の気持ちを伝えたい。

ささやかに、と
思いながらも、定員をはるか上回る
お申し込み。ありがとうございます!
37名のみなさまに、集まっていただきました。

2016年は、
「日本古来、乳酸発酵の文化を、
今の食卓へ」
邁進します!
もちろん、みなさまの
お力、お知恵をお借りしながら・・・^^

風土の乳酸菌にとって、
最も良い環境をつくります。
乳酸菌が、生き延びるために
他の乳酸菌の力を借りたり、酵母の力を
借りて、共生する。
そのいきかたを尊重し、真似します!

発酵食品だから、いい。というわけでなく、
「におわない」「すっぱくない」「食べやすい」
「手間いらず」など、今の生活にあった
スタイルにします。

この日のメニューは、

・りんご、ぶどう、みかん、柿を自然発酵した
 サングリアで乾杯!

・サングリアを種にした、消化にやさしい
 自然発酵シュトーレン。自家製セミドライフルーツと
 国産全粒粉使用。

・日本発の、水キムチ。

・簡単に漬けられる、かぶらずし。

・パクチーの香り豊かな、漬物サラダ。

・乳酸菌でしっとり、とりハム。

・昆布COBOと長ネギのスープ。

女子人気は、
・自然発酵の薬飯
母ミチコのレシピ。自然発酵ライスミルク、
国産小豆、金時豆でやわらかなあまみと、
消化のよさ。季節の保存食として、広がりそう。

4月の不安と期待を思い返すと、
とにかく、いろんな方々に、出会いたかった。
話を聞きたかった、思いが蘇ります。

8ヶ月後の今、
目黒区のラボ時代から、変わらず、
通ってくださる生徒さん。

横浜に来てから、様々な専門家と出会うご縁も生まれ、
お互いの経験や知恵を交流・交換する
コラボレーション講座がスタート。

珈琲焙煎家「グラウベル」狩野知代さん。
「永島農園」永島太一郎さん。
「ハーブスマン’s」福山知之さん。
ホリスティック栄養学、梶純代先生。
お茶の伝統師、藤原ゆきえさん。
12月末にはホールフードスクール、タカコ・ナカムラ先生。
来春は、薬膳「あすごはん」原田智子先生・・・・

「おいしい食が、医療になる」を共有してください!

〆のスピーチは、10年来、応援してくださっている
「大地を守る会」広報町田正英さん、MD部長内田智明さん、
新たなイベント企画が、立ち上がりそう!
ラジオパーソナリティ玉川美沙さんに、熱く、素敵なスピーチを
していただきました。

不参加となりましたが、福島徹会長率いる「福島屋」さんとは
いよいよ来年、食のプロジェクトがスタートします。

湧き上がる感謝の気持ちと同時に、
ひとりひとりの生活に、きちんと
お役に立つまでには、まだまだ、これから。
課題は常に、山積みだなあ・・・と実感。
新年は、また気を引き締めて参ります。

参加者のみなさま、年末の忙しいなか、
本当にありがとうございました。