13 10 30
2013.10.14
「せたがやパン祭り」に参加しました!
~ウエダ家の「自然発酵100%」のしくみ


台風に脅かされましたが、
おかげさまで、実りの秋となりそうです。

「せたがやパン祭り」は3年目にして、入場2時間待ち!
の大イベント。ウエダ家は、「パン祭り」会場と少し離れた
「がやがや館」で発酵講座。おかげさまで、満席となりました。

テーマは「自然発酵のしくみ」。
「発酵ってなに?」という質問を、頂くことが多くなりました。
なんだか、体をまもってくれそうな発酵。
ウエダ家は、発酵の専門家ではありませんが、
身近な菌との関係性を研究してきました。
自然の乳酸菌や酵母、麹菌のはたらきを観察。
それぞれの菌が連携をして、
「きちんと発酵している状態」になる。
これが、最も大切なこと。

そして、

せたがや野菜×「いきているマイグルト」!
台風の影響を受けながらも、集めていただいた、
せたがや産、減農薬ジャガイモ、ニンジン、ナス、など。
自然発酵をとり入れて、より、からだにやさしく、おいしく。

後半は、ウエダ家期待の「パン種88」プレゼンテーション!
パン職人の方々も、いらしたそうです。
長男・ユウも、いつもより緊張しながら、
まったくあたらしいパン種の可能性を語りました。

コンセプトはやっぱり、「からだをまもる」パン。
国産小麦、「パン種88」、自然海塩、(時々、植物性オイル)。
これだけの材料で、
バゲッド、角食、山食、ベーグル、カンパーニュ、スコーン、
クラッカー、ピザ・・・、
多彩な風味と食感の生地を、つくることができます。
小麦グルテンの消化力にすぐれているため、消化の負担を
減らすことができます。

すべては、
ウエダ家が、自然発酵を実現するために掴んだ、
「乳酸球菌ネットワーク」のはたらき。

緊張の糸が、ふっと切れたように、
講座後の、みなさんとの会話が楽しかった!
パンを焼いている人、カフェの方かな、という人、
そして、助産院ではたらく方からは、メールをいただいて。
「お母さんたちの、産後の食事に、マイグルトを使ってみたい」。

ラボに、
たくさんの、講座お申し込みも頂きました。

世田谷くみん手帖の甲斐さん、
世田谷サービス公社の山本さん、ありがとうございます!

2013.10.20
クレヨンハウス野菜市場×ウエダ家、
第1回マイグルトミニ講座。


クレヨンハウス。ウーマンリブ世代の母にとっては、憧れの場所。
娘の私には、いつも育児のヒントを貰える、身近な場所です。

クレヨンハウス野菜市場で、マイグルトが買える!
会社帰りに寄れる!
と、まずは、ラボの生徒さん方が、喜んでくれました。

でも、マイグルトってなに?

という方々が、ほとんど。
マイグルトのこと、ウエダ家の自然発酵のことを、伝えたい。

ところが。
当日は、なんと、台風接近。
どしゃ降りの雨。朝9時~スタート!
にもかかわらず、25名の皆様が、集まってくれました。
クレヨンハウス、レストランの皆様のはからいで、
室内でゆっくりと開催。ほっとしました~。

ミニ講座は、ミニ試食付き。
クレヨンハウス野菜市場の、
力あるお野菜。
もちろん、そのままでも良いのですが、
もっと、食べやすく、おいしく。
たとえば、小さなお子さんでも、
苦みや青っぽさ、繊維の食べにくさを解消できる、マイグルト。

「発酵マヨネーズ」野菜市場の卵がおいしい
~ジャガイモ&モロッコインゲンと

「ナスのペースト」
この日の人気No.1レシピ。
にんにくがマイルドに。ナスが食べやすく、オイルも
控えて、食べやすく。

「乳酸菌の甘酒」
小さなお子さんがいるお母さんも多かった?
保温いらずで、ずっとおいしい。お腹にやさしいあまみです。
「甘酒のフルーツマリネ」
野菜市場の柿とバナナを甘酒に漬け込んで。
とろり、乳酸菌のさわやかなあまみのスイーツ。

盛りだくさんのミニ講座、
短時間でも、みなさんと交流することができました。
もっと、お話を聞いてみたかったな。
その気持ちは、次回のミニ講座へ。

クレヨンハウス野菜市場のみなさま、
レストランのみなさま、
ありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いします。

2013.10.20
日比谷公園で、
「土と平和の祭典」

そうです!前出「クレヨンハウス」と同日、
どしゃ降りの雨。
ウエダ家男性スタッフは、
日比谷公園にいました。
「土と平和の祭典」にて。
「オルター」ブースでの、お手伝い参加です。

「ラボの生徒さんが、朝のクレヨンハウスから移動して、
日比谷まで応援に来てくれた~!」と、
感激していた、ユウとハヤマくん。

ウエダ家のお米の発酵が、パン種になった
あたらしい「パン種88」をつかって、
パンをいっぱい焼いて。
食べてもらった、みなさんの反応に励まされ、
寒さもいっとき、忘れる事ができたそう。

「土と平和」をベースに、さまざまなことに
取り組んでいる方々と、出会うことができました。
ありがとうございます!
             (アミ)