12 10 15
● 「自然発酵乳酸菌 1gレシピ」3つの使いかた

「いきた菌をとりいれる」(非加熱)
→「自然発酵乳酸菌」を調味料や素材と混ぜる、和える、ふりかける。
 いきた菌が体内の未消化物にはたらきかけます。
 腸内細菌のバランスをよくします。

「いきた菌をはたらかせる」(加熱)
→ 「自然発酵乳酸菌」を肉・魚にぬるなど、素材に合わせ30分位おき、
  加熱調理。タンパク質をアミノ酸に、炭水化物を糖類に分解し、
 うまみやあまみを増やし、消化の負担を軽くします。

・ 

「体内の菌をそだてる」(加熱)
→ 加熱調理した料理に、仕上げのひとふり。
 塩コショウと同じ感覚です。
 60℃以上で菌は死滅しますが、
 体内の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)の餌になります。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

「いきた菌をとりいれる」

●漬けもの
軽く塩をふった野菜に、「自然発酵乳酸菌」を和えるだけ。
自然発酵のお漬けものを、毎日の食卓に。

●キュウリ漬けもの
材料
キュウリ 100g(1本)
塩    小さじ1/2位
自然発酵乳酸菌  1g
しょうが 適宜

1.キュウリは縦にピーラーで皮をむき、輪切りにして塩を
1.キュウリは縦にピーラーで皮をむき、輪切りにして塩をけ、
和える。冷蔵庫に入れて30分おくと、味がなじむ。


●なす漬けもの
材料
なす   100g(約1個)
塩    小さじ1/2位
自然発酵乳酸菌 1g

1.なすはへたを切り落とし、縦半分に切り、ななめうす切りにして
  塩をふる。
2.水気が出てきたら軽くしぼり、「自然発酵乳酸菌」をふりかけ、
  和える。冷蔵庫に入れて30分おくと、味がなじむ。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

「いきた菌をとりいれる」


●基本のしょうゆだれ
いきた菌を、とりいれよう!
焼き肉に、炒め物に大活躍。

材料
いんげん  50g位
A
ごま油   小さじ1
しょうゆ  小さじ1
自然発酵乳酸菌 1g

1.いんげんを色よくゆでる。
2.Aの材料を混ぜ合わせ、和える。

「基本のしょうゆだれ」を使って


●ナムル丼  
野菜たっぷり。
にんにくやしょうがを入れなくてもパンチがある!

材料(2人分)
もやし      50g位
人参(せん切り) 30g位(1/3本)
きゅうり(せん切り)     50g位(1/2本)

1.「自然発酵乳酸菌」、しょうゆ、ごま油を合わせ
 「基本のしょうゆだれ」を作る。
2.もやし、人参(せん切り)はさっと塩ゆでして水気をしぼる。
 きゅうり(せん切り)は塩もみして水気をしぼり、
 ごま油をうすくしいたフライパンでさっといためる。
 それぞれの具をたれで合わせてごはんの上にのせ、
 きざみ海苔、すりごまをふる。


●ごまだれ
砂糖を入れず、天然のあまみでつくります。

材料
れんこん 5㎝位
A
白すりごま 大さじ2
酢     大さじ1/2
しょうゆ  小さじ1弱
自然発酵乳酸菌 1g

1.れんこんを酢を入れたお湯でさっとゆがく。
2.Aの材料を混ぜ合わせ、和える。


●フレンチドレッシング
オイルが混ぜるとすぐに乳化。素材となじみます。

材料
パプリカ(赤・黄) 100g位(1個分)
A
オリーブオイル  大さじ1
塩        小さじ1/4
コショウ     適宜
マスタード    小さじ2
酢        小さじ2
自然発酵乳酸菌    1g

1.パプリカをさっとゆでる。
2.Aの材料をボウルに入れ泡立て器で混ぜて乳化させる。
 パプリカを和える。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

「菌をはたらかせる」
【肉・魚】



●ポークソテー
「自然発酵乳酸菌」をぬって、菌をはたらかせて、焼く。
肉のうまみを引き出して、消化を助けてくれます。

材料
豚ロース肉  2枚
塩      小さじ1/6
黒コショウ  適宜
にんにく   1/2片
オリーブオイル 大さじ1
自然発酵乳酸菌    1g
小麦粉     適宜
ベビーリーフ  

1.豚肉を密閉容器に入れ、両面に、大さじ1杯の水で溶いた
「自然発酵乳酸菌」を刷毛などでうすくぬる。
 ふたをして冷蔵庫で30分~1時間位おく。
2.1の豚肉に塩コショウをして小麦粉を軽くまぶす。
3.フライパンにオリーブオイルと、軽くつぶしたにんにくを入れて
 熱し、香りが出たら、にんにくを取り出す。2の豚肉を入れ、
 中弱火で両面を焼く。いい焼き色がついたら取り出す。
 ベビーリーフを添える。
 お好みでしょうゆやマスタードを付けても。

●だし巻き卵
お砂糖、おだしを使わないのに、
上品なあまみ。食感ふわっふわです。

材料
卵 2個
自然発酵乳酸菌 1g
塩   小さじ1/10
植物性油   適量

1. 「自然発酵乳酸菌」1gを大さじ2杯の水で溶いておく。
2.ボウルに卵を割り入れ、切るようにほぐす。
 1の「自然発酵乳酸菌」液、塩を入れて混ぜる。
3.油を入れた卵焼き器(なければフライパン)を熱し、いったん
 火を止め、ぬれぶきんの上に置く。ペーパータオルなどを使い、
 油を全体になじませる。
4.卵焼き器を中火にかけ、2の卵液の1/2量を流し入れる。
 半熟状になったら、手前に寄せて巻き、空いたスペースに
 うすく油をひいて、卵液を足して巻く。 2~3回くり返す。


●ハンバーグ
「自然発酵乳酸菌」をねり込むとふっくら!
臭みが消えて、肉のおいしさを感じます。

材料(2人分)
合いびき肉 200g
自然発酵乳酸菌 1g(1包)
たまねぎ  11/3個
塩      2g
オリーブオイル 小さじ1
パン粉    20g
牛乳     大さじ11/3
卵      大さじ11/3
ナツメグパウダー 2ふり
こしょう     4ふり
オリーブオイル  小さじ1

ソース  赤ワイン
ケチャップ
ソース

1.たまねぎはみじん切りにする。
 オリーブオイルを熱したフライパンにたまねぎを入れ、
 弱火ですき通るまで炒めてあら熱をとる。
2.ボウルにひき肉、塩、「自然発酵乳酸菌」、こしょう、
 ナツメグパウダーを入れ、手でよくこねてねばりを出す。
3.別のボウルに1のたまねぎ、パン粉、牛乳、溶き卵を入れて
 木べらなどで混ぜる。
4.2のボウルに3を合わせ手でさっと混ぜ、2個の小判型にととのえて
 空気をぬき、まん中を少しへこませておく。
5.オリーブオイルをひいたフライパンに入れ、弱火にする。
 「自然発酵乳酸菌」の甘味の作用でこげやすいので、弱火を保つこと。
 ハンバーグの下半分の色が白っぽく変化したら裏返して焼く。
 焼き色がつき、側面が白っぽくなったら竹串を刺し、
 肉汁が透明であればOK。

※写真は1人分です。


●真鯛のカルパッチョ
ぴんと、身に張りが出る!
消化にやさしい、クリーミーなカルパッチョ。

材料
真鯛刺身用 1/2さく
自然発酵乳酸菌   1g
にんにく   1/4片
レモン(スライス)2~3枚
塩      小さじ1/4
オリーブオイル 小さじ1

1.刺身はそぎ切りにし、バットに並べて塩をふる。
 にんにくとレモンはうす切りにする。
2.大さじ1杯の水で溶いた「自然発酵乳酸菌」を全体にふりかける。
 スライスしたにんにくとレモン、ハーブを散らし、
 オリーブオイルをかける。
 冷蔵庫で30分おく。


●塩鮭
「自然発酵乳酸菌」でコーティングして焼くと、
身がふっくら、塩気もマイルドに。

材料
塩鮭 100g位(2切れ位)
「自然発酵乳酸菌」  1g

塩鮭の両面に、大さじ1杯の水で溶いた
「自然発酵乳酸菌」をうすくぬり、魚焼きグリルで焼く。

●鶏ハム
パサつきやすい鶏むね肉、
「自然発酵乳酸菌」効果で、しっとりおいしい。

材料
鶏むね肉 100g
自然発酵乳酸菌  1g   
塩    小さじ  ?
黒コショウ  適宜

1.鶏肉は厚い部分を切り開いて平らにする。
 密閉容器に入れ、大さじ1杯の水で溶いた「自然発酵乳酸菌」を両面にぬる。
 ふたをして30分~1時間位、冷蔵庫に入れておく。   
2.1の鶏肉をラップを広げた上におき、塩コショウをふる。
 ラップごと鶏肉を棒状にくるくると巻いていき、
 端を輪ゴムなどで止める。
3.2の鶏肉をさらにホイルで巻き、しっかりと端を止める。
4.鍋に湯をわかし、3の鶏肉を入れ5分ゆでる。
 火を止めて湯につけたまま冷ます。
 完全に冷めてから、ホイルとラップをはずし、適当な厚さに切る。

12 10 15
「体内の菌をそだてる」


●きのこ炒め
仕上げのひとふり。
おつまみになるほど濃く、深い味わいが出ます。

材料
しめじ   1/2パック(100g)
エリンギ  1本
植物性油  大さじ1  ? 
塩     小さじ1/4強
黒コショウ 適宜
自然発酵乳酸菌 1g

1.しめじとエリンギの軸をとりのぞく。
 しめじは小房に分け、エリンギは
2.油をひいて熱したフライパンに1のしめじとエリンギを入れ、
 中火?で炒める。火がとおったら「自然発酵乳酸菌」、塩、
黒コショウを入れて軽く炒め合わせる。

●えびとセロリの炒めもの
(分量調整中)
「自然発酵乳酸菌」のあまみが、中華の「照り」に。
えびやセロリのにおいが気にならない。

材料
むきえび 
セロリ  
自然発酵乳酸菌 1g
塩       
コショウ  適宜
オリーブオイル  
片栗粉

1.えびは塩と片栗粉をもみこみおいたものを水洗いして
 汚れをとる。セロリはすじをとり、斜めに切る。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、セロリ、えびを炒め合わせる。
 えびの色が赤くなってきたら、塩コショウ、
「自然発酵乳酸菌」を加える。
 汁気がなくなり、照りが出てきたらOK。


●チンゲンサイの中華蒸し
「自然発酵乳酸菌」+しょうゆを加熱すると、
オイスターソース味に!

材料
チンゲンサイ  2株
自然発酵乳酸菌  1g
しょうゆ    小さじ1
塩       分量外
ごま油     小さじ1

1.「自然発酵乳酸菌」と醤油をまぜ合わせる。
 チンゲンサイを4等分してフライパンに並べ、塩をふり、
 ふたをして中火で蒸し焼きにする。
2.茎の部分に火が通ったら弱火にして1の
「自然発酵乳酸菌」としょうゆを
 混ぜたものとごま油を加える。

★スタッフ針山の「自然発酵乳酸菌 1gレシピ」

針山聖子 
毎週、淡路から都内COBOラボへ通う針山さん、文句なしの体力自慢!
今年の夏「COBO×風土プロジェクトvol.1淡路」で
主催者となりました。
新鮮な魚介やたまねぎなど、エネルギッシュな素材にめぐまれた島。
「自然発酵乳酸菌 1gレシピ」では、基本のレシピスタッフとして
参加するほか、「淡路島発信の食」にとりくんでいきます。


●合わせ酢
柑橘としょうゆを合わせてポン酢をつくりました。
酸味がやわらいで、お砂糖なしで酢の物ができます。

材料(2~3人分)
すだち果汁   20g(4個位)
薄口しょうゆ  10g
自然発酵乳酸菌 1g
水       大さじ1
(酢の物用野菜)
きゅうり塩もみ、わかめ、小エビ、しょうがなど


合わせ酢をつかって
●あじの南蛮漬け 
(分量調整中)

材料(2~3人分)
あじ   1尾
セロリ  g位
玉ねぎ  g
人参   g
しょうが(せん切り) g

1.3枚におろしたあじを8等分して塩をふり、薄力粉と片栗粉を
 合わせた粉をまぶす。フライパンに油をしき焼く。
2.あじの上にせん切りにした野菜をのせてポン酢をかけ、
 ラップをして冷蔵庫で1日なじませる。

●弁当

甥っ子に1gお弁当を作りました。
とりの照り焼き、大学芋、卵焼きを「自然発酵乳酸菌」でつくりました。
お弁当おいしかったよと電話くれたので、ほっとしました。

●クリームパスタ(1人分)

材料
ベビーホタテ 50g
ほうれん草  1束
パスタ    80g
〜クリームソース〜
「自然発酵乳酸菌」 1g
 豆乳   100g
 塩    小さじ1/8
 米粉   小さじ1(約3g)

1.クリームソースの材料を混ぜ合わせておく。パスタをゆではじめる。
2.フライパンにオリーブオイルをしき、ホタテを中火で炒める。
 のクリームソースを入れとろみが少しついたら火をとめておく。
3.茹で上がったパスタをフライパンに入れ
 ゆで汁おたま1杯(約50cc)と、ほうれん草を入れ火にかける。
4.仕上げにオリーブオイル大さじ1を加え、黒こしょうを
 ふり仕上げる。

→簡単ですごくおいしく、濃厚なソースができました。
時間を置いて作ったグラタンなどにも応用できるかも。

●柿かぶら

材料
かぶ 1個(正味100g)
柿  1個(正味100g)
自然発酵乳酸菌  1g

ビニール袋に薄切りにしたかぶを入れ、
「自然発酵乳酸菌」を入れて軽くもむ。
薄切りにした柿も加え冷蔵庫で30分休ませる。

→塩なしでもおいしくできました。
柿に働きすぎるので30分くらいがよさそうでした。

●大根の昆布漬け

材料
大根  200g
塩   2〜5g
自然発酵乳酸菌 1g
切り昆布、鷹の爪

短冊に切った大根をビニール袋に入れ、全ての材料を入れ軽くもむ。
冷蔵庫で1時間くらい休ませる。

→「自然発酵乳酸菌」なしとはまったく違う味になりました。
やっぱり素材に働くスピードが早いです!


●かきたま汁

材料(2人分)
昆布COBO  100g
水      200g
自然発酵乳酸菌    1g
塩      小さじ1/8
薄口醤油   小さじ1
片栗粉    小さじ1/2
卵      1個
みつば

鍋に昆布COBO、水、「自然発酵乳酸菌」を入れ火にかけ、
塩、醤油で味を整える。
水で溶いた片栗粉でとろみをつけ、みつばを加え卵でとじる。

→昆布COBOだけでもおいしいのですが、
「自然発酵乳酸菌」入りの方がうまみの種類?が多いような。
ちょっとみりんを入れたときのような味も出ました。

12 10 15
ウエダ家の「自然発酵乳酸菌」の使いかた
「いつでも、どこでも、まもってくれる。」

1.そのまま舌にのせて、味わいましょう。
「自然発酵乳酸菌」を袋からとりだし、舌にのせます。
のみにくい時は、水といっしょに、口の中で溶かしながら。
まずはゆっくりと、自然発酵のあまみ、うまみ、さんみ。
そのバランスを感じてみましょう。
あまみは、発酵によって生まれる、体にやさしい多糖類。
うまみは、酵母菌によって生まれる、多種類のアミノ酸。
そして、さんみは、乳酸菌によって生まれる、乳酸。
代謝を改善するといわれる有機酸のなかでも、
乳酸は酢酸と比べて、やわらかな酸味が特徴。
お子さんからお年寄りまで本能的に「おいしい」と感じられる、
自然発酵の味わいです。

2.持ち歩いて、外食のリスクから身をまもりましょう。
友人や家族との食事会、仕事の飲み会。コミュニケーションの場となる
外食ですが、気になるのは、食事に含まれる過剰なカロリー、
脂肪や糖分に加え、調味料や素材に含まれる「食のリスク」。
気にし始めると、食事が楽しめなくなってしまいます。
そんなときは、食べる前に、「自然発酵乳酸菌」を一包のんでおきましょう。
「自然発酵乳酸菌」には糖質や脂質、タンパク質を分解する能力が高い
乳酸球菌と酵母が含まれています。
フリーズドライ製法によって、菌が「生きたまま」腸内に届き、
体内の未消化物に働きかけてくれます。
食後、胃もたれや膨満感になりにくく、すっきりと、体が軽い。
食後に飲んでも、同じような効果が得られます。

3.1包1グラム、ふりかけるだけ。
「体内発酵」生活はじめましょう。
塩もみした野菜に、まぶすだけ。醤油や植物性油とまぜて、
ドレッシングや自家製だれに。
肉や魚にささっとぬれば、身がふっくら、ジューシーに。
スープのブイヨンがわり、炒め物の仕上げに。
ささっと1包、ふりかけるだけ、ぬるだけで、
食事の質が劇的に変化します。
そのひみつは、「自然発酵乳酸菌」の自然発酵力。
お砂糖やみりん、酒などの調味料を使わなくても、
天然のあまみ、うまみ、さんみを得られ、
減塩効果もあります。適量の味噌やしょうゆはいいパートナー。
いきている乳酸菌と酵母を体内にとり入れることができます。
加熱調理で菌は60℃以上になると死滅しますが、
「自然発酵乳酸菌」の菌体は腸内で、
善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌を
増やす「食べもの」になり、免疫系が集中する腸内バランスを
整えます。質の高い自然発酵を気軽に、手軽に。
「体内発酵」生活をはじめませんか。

4.粉 ×「自然発酵乳酸菌」、ノンシュガーの発酵菓子をつくりましょう。
おやつを食べる、至福のひととき。でも、お砂糖や甘味料のとり過ぎは
心配です。「自然発酵乳酸菌」に粉を合わせる焼き菓子は、
乳製品を入れていないのに、チーズっぽい風味?
ベーキングパウダーや重曹を使わないのに、
さくさく?そして、お砂糖を入れていないのに、あまい!
粉と合わせて時間をおくと、「自然発酵乳酸菌」に含まれる乳酸菌が、
粉に含まれるグルテンを分解するため、消化にやさしいお菓子に
なります。自然発酵によって育まれる多糖類は、
体内への吸収がゆっくりとされるため、
小さな子どもから、卵や乳製品にアレルギー※をもっている人、
もちろん、体型が気になる人。「自然発酵乳酸菌」の発酵菓子は、
あまいもの好き、すべての人の体にやさしく、
元気になるあまみをとることができます。

※小麦アレルギーをお持ちの方は小麦粉を使わない
 お菓子にしましょう。
※「自然発酵乳酸菌」を使ってパンを焼く事もできますが、
 ウエダ家ではプロ仕様になっています。
◎詳しくはウエダ家:
yumemado@cobo-net.comまでご連絡ください。