15 12 15

1212party5

2015.12.12
「2015年末COBO Lab.感謝祭」がひらかれました。

日本古来の乳酸発酵の文化を、
今の食卓に伝えよう。

2015年4月15日にオープンしたCOBO Lab.
オープンな「自然発酵食品研究所」をめざして。

ささえてくださったみなさまへ
感謝の気持ちを伝えたい。

ささやかに、と
思いながらも、定員をはるか上回る
お申し込み。ありがとうございます!
37名のみなさまに、集まっていただきました。

2016年は、
「日本古来、乳酸発酵の文化を、
今の食卓へ」
邁進します!
もちろん、みなさまの
お力、お知恵をお借りしながら・・・^^

風土の乳酸菌にとって、
最も良い環境をつくります。
乳酸菌が、生き延びるために
他の乳酸菌の力を借りたり、酵母の力を
借りて、共生する。
そのいきかたを尊重し、真似します!

発酵食品だから、いい。というわけでなく、
「におわない」「すっぱくない」「食べやすい」
「手間いらず」など、今の生活にあった
スタイルにします。

この日のメニューは、

・りんご、ぶどう、みかん、柿を自然発酵した
 サングリアで乾杯!

・サングリアを種にした、消化にやさしい
 自然発酵シュトーレン。自家製セミドライフルーツと
 国産全粒粉使用。

・日本発の、水キムチ。

・簡単に漬けられる、かぶらずし。

・パクチーの香り豊かな、漬物サラダ。

・乳酸菌でしっとり、とりハム。

・昆布COBOと長ネギのスープ。

女子人気は、
・自然発酵の薬飯
母ミチコのレシピ。自然発酵ライスミルク、
国産小豆、金時豆でやわらかなあまみと、
消化のよさ。季節の保存食として、広がりそう。

4月の不安と期待を思い返すと、
とにかく、いろんな方々に、出会いたかった。
話を聞きたかった、思いが蘇ります。

8ヶ月後の今、
目黒区のラボ時代から、変わらず、
通ってくださる生徒さん。

横浜に来てから、様々な専門家と出会うご縁も生まれ、
お互いの経験や知恵を交流・交換する
コラボレーション講座がスタート。

珈琲焙煎家「グラウベル」狩野知代さん。
「永島農園」永島太一郎さん。
「ハーブスマン’s」福山知之さん。
ホリスティック栄養学、梶純代先生。
お茶の伝統師、藤原ゆきえさん。
12月末にはホールフードスクール、タカコ・ナカムラ先生。
来春は、薬膳「あすごはん」原田智子先生・・・・

「おいしい食が、医療になる」を共有してください!

〆のスピーチは、10年来、応援してくださっている
「大地を守る会」広報町田正英さん、MD部長内田智明さん、
新たなイベント企画が、立ち上がりそう!
ラジオパーソナリティ玉川美沙さんに、熱く、素敵なスピーチを
していただきました。

不参加となりましたが、福島徹会長率いる「福島屋」さんとは
いよいよ来年、食のプロジェクトがスタートします。

湧き上がる感謝の気持ちと同時に、
ひとりひとりの生活に、きちんと
お役に立つまでには、まだまだ、これから。
課題は常に、山積みだなあ・・・と実感。
新年は、また気を引き締めて参ります。

参加者のみなさま、年末の忙しいなか、
本当にありがとうございました。

15 09 16

Exif_JPEG_PICTURE

東京、丸の内。「Daichi&TravelCafe」にて、
「大地を守る会」様、「フルーツバスケット社」様、
COBOウエダ家による
「豆乳発酵マルチクリーム」記者発表会が行われました。

10年以上前になります。ウエダ家が、菌と出会い、
COBO生活を始めた頃。「面白い家族がいる」という
好奇心から、イベントを仕掛け、パン販売など
活動の動線をつくってくださった、当時の若き大地職員
内田さん、町田さん。現在はMD部、事業戦略部で
ご活躍されています。

COBO Lab.Yokohama移転をきっかけにした
ウエダ家の「自然発酵乳酸菌」がつくる、
自然界の菌のネットワークを中心とした活動を喜び、
あらたな展開を用意してくださいました。

「プレスリリースをします!」と伺った時は驚きました。
マスコミの方々に、発信していただく価値があるんだろうか?

生まれたての試作品「豆乳発酵マルチクリーム」と
次期新商品「自然発酵バー」
を製品化したい!株式会社フルーツバスケットの戎谷社長
菌にやさしい無添加の製造環境と、コツコツ取り組む職人前川さんには
大変、お世話になりました。関わっていただいた、みなさまへの感謝の
気持ちが、現場でじわじわと伝わり
「これ以上、自分たちがプレゼンしなくても」
という気持ちにまでなりました。

新聞社、雑誌社、ライター、エディター、ブロガーほか
多くの発信者である方々の声です。
「本当に、『植物性なのに、濃厚』だった」
「とにかく、美味しいのがよかった!話として面白くても、
美味しくないとね」
「ワクワクしました。楽しかった」
「いろいろ、使い方が広がるね」「めっちゃ美味しい!」
「菌活はしています!豆乳のとり方としてあり、だと思います」

ラジオパーソナリティーの玉川美沙さん。4歳の息子さんに
早速、夕食にマルチクリームを。「ホントに野菜嫌いなのに、
おいしい、と言ってきゅうりを食べています、感動です!」
と、可愛い写真を送ってくださいました。

自然発酵乳酸菌のネットワークが、
なつかしく、あたらしい食卓の運動として
広がっていきますように。みなさま、
ご一緒しませんか。よろしくお願いいたします。

16:23 UEDAKE|h. EVENT|mail
15 09 04

wakiyu

2015年9月3日、
和気優さん現る!「ガレキに花を咲かせましょう/ネパール編」

全国3,000kmの旅、スタートの地に。
和気さんは横浜COBO Lab.を選んでいただきました。

今年4月、圓融寺にて開かれた
「AOZORA」オーガニックマーケットに
声をかけていただいたのは、目黒区議会議員、広吉敦子さん。
和気さんとの出会いでした。

AOZORAのみなさんは「良いことはシェアしよう」という
スピリットの持ち主が多く、
コツコツ篭り、ラボで研究・講座をしていた
ウエダ家にとって、大きな転機になりました。

和気さんを、知りたい。
大きなイベントを立ち上げ、人を巻き込み
実現する力。最中にネパール大震災があると、
すぐに、現地に向かう。その大胆な行動力と、
対面したときの、繊細な印象。高校生の娘さんや
昔からの熱いファンのみなさまにも、
和気さんの魅力を教えていただく場になりました。

今回、和気さんが提案されたのは
「アースバック工法」による、ネパール復興プロジェクト。
現地の土があれば、WSの技術指導によって
自分たちの手で、家を建てられる。安価で、重機が要らず
独特の、パオのようなデザインから
エコビレッジとして雇用も生まれるのでは、という企画です。

人を動かし、お金を集め、現地の人や文化に馴染みながら
復興するって、大変なことです。

それでも、動かずにはいられない。自分に代わって
社会にはたらきかける誰かを応援する、関わっていける
楽しさを実感しました。

深夜まで続いた会、和気さんは翌日、水戸でLIVE&プロジェクト!

自然発酵乳酸菌を一ヶ月分、贈りました。
いってらっしゃい!旅のプロセスをみまもっています。

※COBO Lab.Yokohamaは、
自分と社会につながる会、イベントの場として
お使いいただけます。

11:18 UEDAKE|h. EVENT|mail
15 08 08

harbsmanN

2015.8.6
「ハーブスマンsの庭」がひらかれました!

茨城県行方市、「ハーブスマンs」福山久之さん。
出会いは、2009年。
「おしゃれなハーブ」のイメージ覆す、
野生の香りに衝撃を受けました。
ハーブスマンs農園のいきものネットワーク、
生態系を横浜のCOBO Lab.へ。「庭」のように再現しました。

都市生活者だった、福山さん。
25年前、スリランカで出会った
植物、ハーブ。
ハーブスマンs農園では、
いきもの同士の活発なコミュニケーションが
くり広げられている、といいます。
見たこともない、グラフィカルな虫たち。
植物の、種を残す戦略。
微生物の蠢き。
見とれているうちに、時間が過ぎてしまうそうです。

街にも、「緑のポイント(中継点)」を!
苗を植える、種を蒔くだけで
鳥が羽を休め、虫が集まる。そこから、
私たちも生きものの生態系に入れるのではないか?

メディカルハーブのお話(畠山さん)を聞きながら、
生ミントと、レモンバームのお茶。
ウエダ家「豆乳発酵クリーム」ハーブバージョン。

そして・・パンの中種にハーブを入れ込んだら、
発酵が活性化!生地のなかで、盛んなネットワークが
広がっている。

菌を視点につながる、しなやかなネットワーク。
人間目線から外れてみると、世界がちょっと変わるかも?

FBでも多くの反響をいただき
「newハーブスマンsの庭」今秋に開催?!

16:01 UEDAKE|h. EVENT|mail
15 07 09

harbsman

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015.8.6「ハーブスマン’sの庭」の会
ハーブスマン’s 福山久之さん × COBO ウエダ家
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今夏、ハーブスマン’sさんが、COBO Lab.にやって来る!
6年前、茨城県行方市にあるハーブスマン’sさんの農園を訪れた、
その衝撃を、忘れることはできません。
踏み入れた途端に、全身を包まれた、野生の香り。
巨大な蜂がカモミールの花に群がっています。
「地面が動いている?!」と思ったら、すべて、多種類の虫。
空に向かってのびている、多様な花とハーブ。
「天国があるとしたら…」と惑わせるほどに美しい農園です。
ハーブスマン’sさんのハーブは、JAS認定。太陽と風と土、野菜、
虫、微生物…。農園の生態系を大事に育まれています。
耕運をなるべく控え、野生に近い状態に。
自家製肥料、ハーブの乾燥も全て手作業です。
当日は「COBO Lab.に、ハーブスマン’s の庭が出現!」をめざして。
福山さんの、農園の「いきものネットワーク」のお話。
自家採種の貴重な種と、ハーブの育てかた、ポイントを
レクチャーして頂きます。 旬の生ハーブの販売、
ウエダ家による野生ハーブ × COBO 試食あります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハーブスマン’s 福山さんのメッセージ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして。 ハーブスマンsの福山久之と申します。
僕は元々農家の出ではなく、
コンクリートの上で育った、都会のもやしっ子です。
「植物」の名前もろくに知らなかったし、
「食」に興味があったわけでもありません。
どこへ行くのか、何をしたいのかもわからない放浪の旅の中で、
自分の「心」と「体」、そして「食べ物」と
それをつくりだす「環境」、はては僕らの住むこの「地球」。
それらは密接にからみあっていて、みんなつながっている、
ということに、あるとき気づいてしまったのです。

花に集まる蝶がいて、その蝶は蜜をもらうかわりに花粉を運び、
受粉の手助けをする。そして蝶をねらうカマキリがいる。
カマキリをねらう小鳥がいて、小鳥をねらう動物がいる。
そんな風に連なっている「食物連鎖」、
その輪の中に私たち人間もいて、この星に暮らしている。

農薬は害虫を殺し、雑草を枯らします。
それは一見、便利で効率を上げるように見えるけど、
その虫がいなくなったことで、
その虫とつながっていた他の生き物もいなくなり、
その草を枯らしたことで、
たくさんの生き物の棲家がなくなるということ。
それは食物連鎖の輪を断ち切るということ。
自分に刃をむけるようなもの。

畑や田んぼにもぐりこんで、目線を低くして、
草の隙間をかきわけていくと、驚くほどオシャレだったり、
笑っちゃうような動きの虫たち、
ため息が出るような花の色、そして草の香り、、、
そんなドキドキやワクワクにたくさん出会えます。

ハーブスマン’s ホームページ

◎ ハーブスマン’s の庭
日程 2015年8月6日(木) 13:30-15:00
定員 12名
料金 3,500円(税込)
>> どなたでも参加できます。

18:04 UEDAKE|h. EVENT|mail

次ページへ »